あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 10   2017 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[1633]  [1632]  [1631]  [1630]  [1629]  [1628]  [1627]  [1626]  [1625]  [1624]  [1623
お客様やお世話になっている人の自宅に招かれた際、食事をご馳走になることがあると思います。


その際、特に年齢が上の方ほどそういう傾向があるように感じていますが、

■やたらと量が多い

という経験をしたことはないでしょうか。


「たくさん食べてね」

と言ってくださるのはありがたいのですが、そんなに食べられないし、

しかも、30代半ばを超えてきますと、健康も気になります。

かと言って、せっかく用意してくださったものを残すようなことがあっても悪いということで、どうしたらいいのか未だに難しい問題であります。


そこで、なぜ必要以上の量の料理を振る舞ってくれるのか、と考えてみますと、

特に初めての場合、来客(私)がどれくらい食べるかわからない、

わからないから、少ないよりは多く作っておいた方がいいだろう、

という面があるだろうと思われます。


また、少なく出してしまうと、

(あの家はケチな家だ)

と思われる恐れもあり、

そんな風に思われたらたまったものではない、という自尊心からくる理由もあるかもしれません。

これは完全に被害妄想でありますが、意外と外部に対する体面を気にする部分が無意識で現れているのかもしれません。


よって、もてなしを受ける側は、

過大なもてなしであることを存分に伝え、大変ありがたいことでございます、という感謝の意をややオーバー気味に表現するのがいいのではないかと思います。

その上で、健康を損ねるのもまずいですから、量が多いときは正直に言った方がいいのではないかと思います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/16 榊原慎太郎]
[08/16 はじめ]
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ