あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 11   2018 / 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     01 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
高校生ワーキングプア:「見えない貧困」の真実
高校生ワーキングプア:「見えない貧困」の真実



思えば私は学生の頃、自分の学費の心配をしたことがありませんでした。

実は、これ、すごく恵まれたことだということがわかりました。


本書では、学費のために働くことを余儀なくされている高校生が紹介されています。

学費を自分で稼がなくてはならないということは、そもそも生活費がギリギリということでもあります。

衣服はほとんどお下がり、親は外で働いているので、家事も自分たちでしなければなりません。

私は高校生の頃、アルバイトをすることもなかったですし、家事だってほとんどやっていませんでした。

私は恵まれた環境にあったことを感謝しなければいけません。

また、高校生が生活のために働かなければならないという社会をなんとかしなければいけないと思います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
究極の男磨き道 ナンパ
究極の男磨き道 ナンパ


これからナンパを始めようと思っている人はもちろん、思っていない人もコミュニケーションを知る上でオススメしたい本です。

本書は、著者がナンパを始めたばかりの頃が主に記されており、初期の失敗談というべきエピソードが満載です。


非常に参考になるところが多かったのですが、その中でも男子が女子と会話をする際、

■知的ぶった話をする

ことはあまり効果的でないというのは、かなり納得感がありました。


要するに、自分を知的な男に見せたいからそういう行動に出るわけですが、それは実は不安から起こる行動であり、女性に見透かされて逆効果になることがあるようです。

多分、私も見透かされていたんだろうな、読みながら思いました。


心理学用語で「知性化」というらしいですが、自分に自信がないことを晒す(さらす)結果に終わることが多いようです。

私も注意しなければいけません。


それにしても、ナンパって難しく、奥が深いということがわかりました。

ナンパのスキルがあれば、他のシチュエーションでも役に立ちそうです。

究極の男磨き道というタイトルは大げさではないと思います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
ドラゴン桜2(1)
ドラゴン桜2(1)


やはりこの漫画は熱いです。

前作は東大合格を目指すストーリーで一世を風靡し、それが現代版にアレンジされて復活したと言っていいかもしれません。

「考えるな!動け!」

「行動するヤツだけが勝つ!」

しびれるフレーズは今作でも健在です。


ここで紹介される勉強法は大学受験だけでなく、社会人の勉強にも役立つものだと思います。

前作「ドラゴン桜」もオススメです。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
本を読んだ方がいいと思っていても、実際に読書を習慣化することは難しいということがあるかもしれません。


その理由として、

■どの本を読んだらいいのかわからない

というのがあると思います。


本を選べないから読めない、ということがあるのだろうと思います。

そこで、本を選べない、または本を選ぶのが面倒という人に対して、私が本を選んで毎月1冊送るというサービスを開始したいと思います。

どんな本が送られてくるかはわかりません。

ジャンルもバラバラにしようと思っています。

ただし、料金の設定上2,000円以上の本は提供できません。


1回の利用料は2,000円

半年分前払いで10,000円

1年分前払いで20,000円です。




お問い合わせおよび申し込みは、プロフィール下にあるお問い合わせフォーム、榊原慎太郎のtwitterまたはfacebookアカウントにメッセージを送ってください。



↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
ブラック部活動
ブラック部活動


この記事を書いている8月は夏休みです。

生徒たちだけでなく、学校の先生も夏休みなのだろうと考えがちですが、実は違います。

子供が登校しなくてもやるべき仕事はあるからです。


それに加えて、部活動は夏休みにもありますから、その指導をしなければなりません。

特に夏休みは大会や合宿があったりしますから、その負担はかえって大きいかもしれません。


本書は教員が部活動の顧問をすることによって、ほとんど休みがない現実に警鐘を鳴らしています。

平日は授業、放課後は部活動、そして土日も部活動。

週休0日という先生も多いのではないでしょうか。


私も子供の頃、部活動の経験がありますが、

(顧問の先生はよく休まずにやっていたな)

と、今となっては思います。


働き方改革ということが言われていますが、今の学校の先生の働き方はヤバいと思います。

本書によると、部活動の顧問をすることは、教員の仕事には含まれていないそうです。

そもそも、部活動は生徒の自主的な活動という建前になっているからです。

形式上そういうことになっているために、週休0日ということがまかり通っています。

こうした状況を変えるために、部活動に対する考え方を改めないといけません。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/31 榊原慎太郎]
[08/31 榊原慎太郎]
[08/30 たなかたなか]
[08/08 修行僧]
[07/26 修行僧]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ