あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 04   2017 / 05   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     06 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ダマすのもダマされるのも、どちらもいいものだとは思いませんが、どちらかを選ぶならまだダマされる方がいいと思います。


ダマされた、

という経験は馬鹿にされることもあるかもしれませんが、同情されることもあるでしょう。


一方で、

ダマす、

というのは、同じ思考回路を持った人には自慢できるかもしれませんが、ほとんどの場合、他人に打ち明けてもいいことはないと思います。

友達がいなくなるのではないでしょうか。


(私もダマされるかもしれないから、もう接近するのはやめよう)

そんな風に思われてしまうのではないでしょうか。


付け加えると、

ダマす、

という行為には悪意が伴います。

そういう人は尊敬されないと思いますし、そんな風になるくらいなら、ダマされて可哀想な感じになった方がマシだと思います。



↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
歌は素晴らしいと今さらながら感じています。

落ち込むことがあっても歌を歌えば元気を取り戻すことができます。

歌を歌えば仲良くなれます。

歌を歌いましょう。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
私がなぜブログを書くのかと言いますと、読んでもらいたいと思うからです。

読んでもらいたいというのは、私のことを知ってもらいたい、構ってもらいたい、という気持ちも含まれます。

読んでもらいたいと思わなければ、インターネットに公開しないで日記でいいということになりますからね。


私は誰からも相手にされなくなることを恐れます。

このブログが見る人にとって価値なしとなれば、相手にされないという最悪な事態が訪れます。

そうならないために、自分を磨き、価値を提供しようと努力する必要があるのだと思います。

それはまた、ネット上の話にとどまらず、リアルな社会においても同様だと思います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
私の場合ですと、交流会や飲み会といった場では男性ばかりになることが多いです。

そんなとき、

「女性がいたらいいのになあ」

という声が決まって上がってきます。


「女がほしい」

と露骨に言う人さえあったりしますが、この気持ちは理解できます。

中年の男ばかりだとむさ苦しいことこの上ないですから。


そんな中、女性が1名でも入ってくれたら、雰囲気は大きく変わります。

そういうわけで、男性は飲み会の場で女性が加わることを強く望みます。


反対に、女性ばかりの集まりにおいて、

「男がいたらいいのに」

と思うことはあるのでしょうか。

私はそれはないと思います。

男性ばかりの中で女性が加わると雰囲気が明るくなることはあっても、女性ばかりの中で男性が加わったところで雰囲気が明るくなることはないからです。

男性は女性とのコミュニケーションを強く望む一方で、女性は必ずしも男性とのコミュニケーションを望んでいはいないということが窺えます。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
結婚披露宴といいますと、新郎新婦の親族、職場の上司や同僚、学生時代の友人といった関係者が出席するのが一般的かと思います。

大体席次は決まっており、親族のテーブル、職場関係者のテーブル、友人関係のテーブルといった具合に振り分けられることになると思います。


私がこれを面白くないと思っている理由は、結局よく知っている者同士での会話にしかならないということです。

職場の人は職場の人としか話さないし、友人は友人同士でしか喋らないということです。

せっかく一堂に会すのですから、その垣根を超えて交流できるようにした方がいいと思うのは私だけでしょうか。

結婚披露宴は新郎新婦をお祝いするためのイベントですから、それを差し置いて初めて会う出席者同士が交流をすることは遠慮すべきという考え方もあるかもしれません。

でも、私はそうは思いません。

例えば、新郎の会社の社長と新婦の学生時代の友人が積極的に交流を図ったっていいと思うのです。

そのために、私は飲み会でいいと思っています。

場所もホテルのような豪華なところではなく、飲み屋でいいです。

「つぼ○」とかでいいです。

それなら二次会があるじゃないかと思うかもしれませんが、二次会には親族が出ないことが多いです。

親族も含めて、参加者全員が打ち解けられるような感じの方が私はいいと思います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[05/08 榊原慎太郎]
[05/08 豊田]
[05/06 榊原慎太郎]
[05/06 髙橋 豊]
[05/06 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ