あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 07   2019 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
10月1日に消費税率が10%にアップします。

会計事務所ではこの日に向けて、慌ただしく準備をしています。

なぜなら、それまでに事業者の方に経理方法を教えなければならないからです。


特に、今回は軽減税率という厄介なものがありますので、記帳方法を変える必要があります。

軽減税率8%が適用されるのは、主に飲食料品です。

飲食料品を販売する事業者はもちろんですが、それ以外の業種でもお茶とか何かしら飲食料品を購入する機会があると思いますので、無関係という事業者はまずありません。

というわけで、お客様に対して説明会を開催したり、配布物を作ったりしています。


あと、消費税を納めることが免除されている免税事業者の方もいらっしゃいますが、購入するものは増税によって値上がりしますので、売値も上げないと同じ利益が確保できなくなります。

そういったことに関するアドバイスも会計事務所では行なっていますので、例年にない忙しい状況になっております。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
自らが株主となっている会社の社長は自分の給料を自分で決めることができます。

いくらでもお金がある限り好きに決めていいです。


しかし、会社には法人税の納税義務がありますので、その点で制約があります。

法人税法の下では役員の給与は原則毎月定額とする必要があります。

また、改定ができるのは年1回です。

今月は売上が多かったから給料を増やしたり、逆に売上が減ったから給料も減らすという変更をしてもいいのですが、それをすると法人税の計算で不利になり、余計に税金を払わなければならなくなります。

むやみやたらに変えられないと考えておくべきです。


ですので、年1回の改定時(通常は株主総会時)に当たってはよく考えて決める必要があります。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
会社を経営する人は、会社で収入がある一方で、その会社から給料(役員報酬)をもらいますので個人としても収入があります。


本記事では、経営者本人が会社のオーナーでもあるという前提でお話をします。

このとき考えるべきことは会社の税負担(法人税)と個人の税負担(所得税)です。

会社オーナーである経営者は自分の給料を自分で決めることができます。

そのため、その給料をいくらにするのがいいのかが問題となります。


当然、生活に必要な最低限の金額は確保しなければいけません。

そうしないと後々問題となります。

また、高級マンションに住んだり、贅沢な暮らしをしたい場合は給料を増やさなければならないでしょう。


自分への給料を増やすと、会社にとっては費用になりますので、法人税を削減する効果があります。

他方、個人の所得は増えますので所得税は増えます。

このバランスをどうするかが重要です。

法人税と所得税の合計が最小となるよう給料を設定するのがいいと思います。

また、給料を増やすと社会保険料も増えますので社会保険料も加味して考えるとなお良いでしょう。

会計事務所はそういう試算も行っています。



↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
スーパーで食品等を買うと、買い手は商品と引き換えにお金を払い、売り手は受け取ったお金を売上として経理します。

多くの場合、お金をもらったときが売上計上のタイミングとなりますが、例外もあります。


それは、先にお金をもらったけど、まだ商品を渡していない場合です。

いわゆる手付金や予約金というものが該当します。

これは、売り手にとってはまだ売上とはならず、前受金となります。

実際に商品を買い手に引き渡した時点で売上となるのです。


したがいまして、もし、前受金をもらった後、商品を渡す前に決算日が来てしまった場合、その年度の売上にはなりませんので注意してほしいと思います。

受注生産や工事関係の業種で多いです。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
私は公認会計士・税理士として会計事務所で働いています。

この仕事で最重要な道具はパソコンです。

というより、パソコンがないと仕事になりません。


パソコンが仕事の効率性に直結することから、できる限り性能のいいマシン使いたいところです。

会計事務所で働きたいと考えている人は、ここに職場選びのヒントがあるということをお伝えしたいと思います。


レベルの高い会計事務所はパソコンもいいものを使っています。

どんなパソコンを使っているか、それを面接のときに聞いてみるといいでしょう。

パソコンに注意を払っていない会計事務所はおすすめしません。

各自に貸与されないというのは問題外と言っていいでしょう。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[05/30 榊原慎太郎]
[05/29 とよた]
[01/15 スーパーコピーブランドバッグN級品]
[08/31 榊原慎太郎]
[08/31 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ