あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 06   2017 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[1]  [2]  [3
リオデジャネイロオリンピックとパラリンピックが終わりました。

それぞれのメダル獲得数ランキングを示しました。

そこからどんなことが見えてくるでしょうか。


それでは、オリンピックから。



こちらはパラリンピック。

リオデジャネイロパラリンピックが閉幕しました。

これで、いよいよ次の舞台は東京ということになります。

今大会のメダル獲得数をおさらいしておきましょう。


中国が圧倒的です。

オリンピックでは1位のアメリカがパラリンピックでは4位となっています。

ちなみに、日本は金メダル0個、銀メダル10個、銅メダル14個で64位でした。
リオデジャネイロオリンピックが終わりました。

メダル獲得数のランキングが発表されておりますが、これとGDPランキングを対比させると以下のようになります。


(注:GDPランクはIMFの集計データに基づいています。キューバはIMF非加入のためランキングに入っていませんが、実際にはこの中ではケニアの上とされています)


全体的にはGDPランクが上位の国(経済が豊かな国)ほどメダル獲得数も多くなっています。

やはり、お金のある国が有利と言えそうです。


その中で、GDPランクが下位の国がメダル獲得数で上位に入るのはかなりすごいと言っていいと思います。

しかし、その一方でかなり無理をしているんじゃないかという想像もできます。

他の産業を犠牲にしてオリンピックに予算をつぎ込んでいるようなことにはなっていないことを願います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

■関連記事
ワールドカップとGDP
リオデジャネイロオリンピックが閉幕しました。

なかなかの盛り上がりだったのではないでしょうか。


メダル獲得数の上位20か国を示します。


この情報だけですと、どこにでもある情報ですので、前回のロンドン大会のメダルランキングも紹介したいと思います。

これです。
サッカーワールドカップはドイツの優勝で幕を閉じました。

そこで今日は、ワールドカップに関連して、出場国のGDPランキングを表にしてみました。


「2014ワールドカップ出場国のFIFAランキングとGDPランキング」
(GDPは2013年。イングランドは英国のGDP)

出場32カ国のうち、ほとんどがランキングで30位以内に入っています。
2位のドイツが優勝したという結果は、ランキングからすれば順当だったのかもしれません。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
25 26 27 28 29
30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
[05/08 豊田]
[05/06 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ