あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 09   2018 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
今月から最低賃金が上がりました。

私が住む神奈川県では時給956円から983円になりました。




労働者にとっては賃金が増えるのはいいことだと思いますが、雇う側にとっては大変です。

人件費が増えれば、その分売値も上げれば同じ利益を確保できますが簡単ではありません。

今、世の中は値上げに対して非常に敏感です。


また、問題はこれだけではありません。

最低賃金は上がっても、配偶者控除が受けられる限度額103万円というのは変わっていません。

最低賃金で働く人の多くはパートで、配偶者控除を受けるために年収103万円以内に抑えようという人が多いと思います。


時給が上がると、同じ金額を稼ぐのに少ない労働時間で済むようになります。

103万円稼ぐのに必要な時間数を示した表がこちらです。



時給956円と983円ではちょうど30時間違うことがわかります。

パート勤務の場合、1日5時間程度だと思いますので、6日違うことになります。

働く方は6日少なくて同じ金額を稼ぐことができるのですからラッキーと思うかもしれません。

しかし、雇う側はたまったものではありません。

103万円を超えてしまわないように勤務日数を調整する人は今でもそれなりの割合でいると考えられますが、そうやって日数調整をされてしまうと人手が足りなくなる恐れがあります。


ただでさえ人手不足が表面化している中で、最低賃金アップはそれを助長する可能性があります。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
今月より最低賃金が改定され、神奈川県では1時間あたり983円となりました。


■神奈川県の最低賃金(神奈川労働局より)

20年前より300円近く上がっています。


しかし、その一方で平均所得については、平成8年では781万円だったのに対して、その20年後の平成28年では739万円と40万円近く下がっています。
(数字は児童のいる世帯の1世帯あたりの平均所得「厚生労働省国民生活基礎調査」より)

最低賃金が上がっても、所得は増えていないという現状が浮き彫りになっています。


20年前はそもそも最低賃金水準で働く人が少なかったのでしょう。

当時、ほとんどの人は正社員として平均所得に近い賃金を得ていたのに対して、今は最低賃金に限りなく近い労働者(つまり非正規雇用)が増えていることが要因のように思われます。


アベノミクスで景気は良くなっていると喧伝されてはいるものの、苦しい生活に陥っている人は増えているように思われます。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
今月から最低賃金が上がりました。

私の住む神奈川県では昨年より27円アップして1時間あたり983円となりました。

これは東京都に次いで高い水準です。
(東京都は985円)


最低賃金は制度創設以来一貫して上がり続けています。

神奈川県のここ最近の推移と10年前20年前の金額を以下に示します。


「神奈川県の最低賃金の推移(神奈川労働局より」


20年前、私は18歳でしたが、当時のアルバイトの時給はそんなもんだったと思います。

それが今や高校生でも1,000円近い時給なのですから、年月の経過を感じずにはいられません。


最低賃金が上昇しているということは、一人一人の所得が増え、豊かになっているということなのでしょうか。

あまりそのような感じはしませんね。

その辺の理由について、もう少し考えてみたいと思います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
株の取引で儲けるためには安く買って高く売るのが基本です。

買ったときより株価が下がり、その値段で売ってしまうと損をします。

通常、株の値段は上がってくれた方がいいわけです。


ところが、株価が下がる局面でも儲けることができます。

その手法を空売り(からうり)といいます。


空売りとは、このような仕組みです。
株式市場において、株価は上がったり下がったりします。

通常、株は買ったときより高く売れれば儲けることができます。

反対に、買ったときより安く売れば損することになります。

できれば、損はしたくないですよね。


では、損をするくらいならまた上がるまで待てばいいじゃないか、という意見もあるかと思います。

それはもっともな意見ですが、急に現金が必要になれば損得抜きにして売らなければならないでしょうし、あるいはもっと値下がりしそうだから、損をしてしまうけどもっと損するよりましだと考えることもあるわけです。

さらに、他に値上がりしそうな株があるから、この株は損になってしまっても、乗り換えれば逆に儲けが出るというシチュエーションもあり得ます。

この場合、売らない方が損ということにもなるかもしれません。

このような考えにより、損をしてでも売る人が一定数存在するため株価は下落することもあるのです。


また、株を持っている人は皆同じ値段で買っているわけではありません。

同じ銘柄でも1,000円で買った人もいれば2,000円で買った人もいます。

例えば、現在の株価が2,000円で、1,800円に下がったとします。

1,000円で買った人なら1,800円で売っても儲かります。

このように、株価が下がっても必ずしも全員が損をするわけではないので、どんどん売買が行われるのです。


なお、実際には株価が下がっても儲けることができます。

そのカラクリは次回お話したいと思います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

▪️関連記事
株価はどうやって決まるのか
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/31 榊原慎太郎]
[08/31 榊原慎太郎]
[08/30 たなかたなか]
[08/08 修行僧]
[07/26 修行僧]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ