あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 06   2020 / 07   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     08 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


消費税率が10%にアップするのに伴って実施されているキャッシュレスポイント還元事業が6月末で終了します。

クレジットカードや電子マネー、あるいはQRコード決済といったキャッシュレス決済を利用すると決済額の2〜5%のポイントがゲットできるというものです。

これがあと10日で終了となりますので、大きな買い物を予定している人はこのタイミングで購入するといいと思います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
今日は改めてお金はあった方がいいよね、というお話をします。


例えば、引越しをしようと賃貸物件の情報を探すということを考えてみます。

駅に近い、商店や病院が近いといった利便性の高い物件、築年数が短く、設備も整っている物件は家賃が高くなります。


(もっとお金があればいいところに住めるのに)

と、悔しい思いをした経験があるのは私だけではないでしょう。


要するに、お金があれば選択肢が広がるのです。

月給20万円の人が家賃20万円の家に住むのは無理です。

5〜7万円の物件がいいところではないでしょうか。

しかし、月給が100万円だったらそれも可能となります。


選択肢を広げるために、もっとお金を稼ぎたい。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます


新型コロナウィルスの影響を受けて、国民一人あたり10万円が給付されます(特別定額給付金)。

これは各自治体に申請することになりますが、一部を除いてオンラインによる受付が始まっています。

早速、私もやってみました。


しかし、オンラインで申請できる人はマイナンバーカードを持っている人のみです。

マイナンバーカードを持っていない人は郵送で申請するしかありません。

自治体から申請用紙が届くのをお待ちください。


また、申請は世帯ごとに行いますので、オンライン申請で使用するのは世帯主のマイナンバーカードです。

そのため、家族全員分のマイナンバーカードが必要なわけではありません。


申請はマイナポータルより行います。


私がやってみたところ、5分ほどで完了しました。

マイナンバーカードをお持ちの方はオンラインで申請することをお勧めします。

パソコン、スマートフォンから行えます。

ただし、パソコンの場合はICカードリーダーが、スマートフォンの場合はマイナンバーカードの読み取りに対応した機種である必要がありますのでご注意ください。


申請手順が動画で公開されていますので参照してほしいと思います。








↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます


新型コロナウィルスに関連する経済支援策の一つとして、子育て世帯に対する臨時特別給付金の支給が開始となるようです。

通常の児童手当を受けている家庭はこの給付金がもらえます。


我が家にも案内が届きました。

子ども一人あたり1万円だそうです。

中学生以下の子どもが3人いる場合には3万円ということになります。


現在、ほとんどの学校が休校となっていると思いますので、親の負担は増しているでしょう。

また、自宅での学習環境を整える必要も出てきているかもしれません。

この給付金がそうした負担を和らげることに繋がってほしいと思います。


なお、この給付金ですが、受取を辞退することもできるそうです。

辞退する場合は、辞退の申請をする必要があります。

もらう場合に申請する必要があるのかと思いきや、辞退する場合のみ申請書を送るようです。

要するに何もしなければ、児童手当を受け取っている口座に給付金が自動的に振り込まれるということになります。

マスクも早く届かないかなあ。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

(画像をクリックすると経済産業省のページにジャンプします)


5月1日より持続化給付金の申請受付が始まっています。

大まかな要件は、ある1ヶ月の売上が前年の同じ月より50%以上減っていること、となっています。


ここで気になるのが、昨年途中に開業した人は適用対象となるのか、という点です。

例えば、昨年10月に開業した人が新型コロナウィルスの影響で今年4月の売上が大きく落ち込んだ場合、昨年の4月にはまだ営業していませんでしたから、比較すべき前年の売上がありません。

実際、そういう人から質問を受けたので要件を確認してみたのですが、対象となるようです。


昨年途中に開業し、比較すべき前年実績がない場合、昨年の年間売上の平均と比較することになります。

10月に開業した人の例でいうと、10〜12月の1ヶ月あたりの平均と比較し、50%以上売上の下落があれば、適用可能となります。

あと、注意点としては昨年中に開業したという証拠(開業届等)を別途提出する必要があるということです。

残念ながら、今年開業した方は対象外です。


申請方法についてはこの動画が参考になります。




↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[03/08 しゃんしゃん]
[01/12 榊原慎太郎]
[01/12 髙橋 豊]
[10/16 はんこ安い はんこプレミアム]
[05/30 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ