あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 10   2018 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[1]  [2]  [3]  [4
昨日から北朝鮮の崩壊の可能性について検証しています。

昨日は、革命の可能性について触れました。
昨年のアラブの春と同様に、有り得るシナリオだと思いますが、今日お話しする内部崩壊の方が早く訪れるかもしれません。

今年発足した新体制は、傀儡かいらい政権である可能性があります。

世襲体制にはよく見られることであり、かつては日本でも行われていました。
幼少の天皇や将軍を擁立して、その後見人が実権を握るというものです。

金正恩の年齢は決して幼いとは言えませんが、現代の感覚からすれば相当若い指導者であることは事実です。

前体制の側近はほぼそのまま残っているようなので、経験で一枚上回る彼らにいいように使われる可能性があります。

もし、その可能性が真実となれば、国力は一層衰退すると思います。
傀儡政権で国力が高まったという例を私は聞いたことがありません。

むしろ、側近同士が足を引っ張り合って情勢が不安定になるというのがこれまでの歴史であったと思います。

もしかするともう既におびただしい数の陰謀が北朝鮮国内でうごめいているかもしれません。




↓応援のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

■関連記事
金正恩という若者について

どうなってしまうのか北朝鮮(昨日の記事)
北朝鮮は、『朝鮮民主主義人民共和国』というにもかかわらず、その実態は共和国ではなく君主国であると私は思います。

それも絶対王政と言うべきほどの、です。

絶対王政といいますと、フランスのブルボン王朝が思い出されますが、その最盛期にあったルイ14世と北朝鮮の国家主席となった金日成の時代とは重ねて考えることができるような気がします。

■ルイ14世 ■金日成
絶対王政の確立

■ルイ15世 ■金正日
民衆不満の蓄積

■ルイ16世 ■金正恩
民衆不満の爆発、革命勃発

北朝鮮で革命が起こるかどうかはわかりません。
しかし、ここまでの経過はフランスと似ているように感じます。



↓応援のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

■関連記事
金正恩という若者について
韓国の李大統領が竹島を訪問したのをきっかけに日韓関係がぎくしゃくしています。

この問題だけを取り上げると日本と韓国はいがみ合っているような印象を受けますが、本当のところはどうなのでしょうか。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/31 榊原慎太郎]
[08/31 榊原慎太郎]
[08/30 たなかたなか]
[08/08 修行僧]
[07/26 修行僧]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ