あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 05   2017 / 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     07 >>
[1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1067]  [1066]  [1065]  [1064]  [1063]  [1062
(昨日の続き)

イヤホンのイヤーピースを落としたと思われる婦人が10m程前を歩いています。

そして、そのイヤーピースを拾い上げた私。


ちょっと駆け足になれば、すぐに追いつける距離です。


駆け寄って、

「お嬢さん、これ落としませんでしたか!?」

とやれば、良かったのかもしれません。


しかし、私はそうはしませんでした。




理由としてはまず、婦人が本当にこのイヤーピースを落としたのかどうかわからなかったということがあります。

何かを落としたようには見えましたけど、何も落としていなかった可能性もあったからです。

せっかく駆け寄って、

「ちがいます」

と言われるのは嫌でした。


次に、これが最大の理由ですが、私に駆け寄って声をかけるだけの勇気がなかったからです。

(イヤーピースなんてどうせ大した物じゃないし)

(きっと予備を持っているのだろう)

などと、勝手な主観と憶測でもって、自分を正当化させてしまったのでした。


結局どうしたのかというと、そのイヤーピースは持ったまま、普通に歩き出しました。

(もし、途中の信号か踏切で引っかかって、私が追いつくことがあったら見せることにしよう)

ということにしたのでした。


果たして、踏切で婦人に追いつきました。

私がそのイヤーピースを見せますと、

「まあ、ありがとうございます」

と、やはりあのときイヤーピースを落としていたのでした。


この結果だけ見れば、私は親切心を発揮していいことをした、ということになるかもしれません。

しかし、踏切で足止めされることがなければ、私は彼女に追いつくことはできず、違った結果になっていたのも事実でした。

(追いつけなければしょうがない)

という消極的な心的態度は決してほめられたものではありません。


”一人はみんなのために”

と言っているのですから、それが掛け声倒れにならないように、私はもっと積極的にならなければいけません。

↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

■昨日の記事
榊原慎太郎イヤーピースを拾う
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
23 24
25 26 27 28 29 30





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
[05/08 豊田]
[05/06 榊原慎太郎]
[05/06 髙橋 豊]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ