あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 07   2017 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259
昨日は敬老会に参加したことについてお話をしましたが、あの後は出身高校の文化祭を見に行ってきました。

昨日の記事はここをクリック

文化祭は卒業以来でしたので14年ぶりくらいになると思います。
その中で私は、史料室という部屋を見てきました。

私が出た高校は創立から100年経つ古い学校なので、戦前の文書や写真などが所蔵されており、高校生だった当時はとんと興味がなかったものの、この年になって見てみたいと思ったのでした。

そして、とりわけ興味をひいたのが大正時代に書かれた生徒の日記です。

以下、ある1日を筆写しましたのでご覧に入れたいと思います。



旧仮名使いであることと、句読点がないために読みづらいかもしれません。
現代風に直すと以下のようになります。

■30日 土曜 雨天
6時起床す。雨ふる。これ春雨なり。
本家にて○○君と遊ぶ。午後は貴舎する準備をなし、午後5時朝食を喫し、7時より自修をなし、9時半就寝す。


午後5時が朝食だったのかは不明ですが、そう書かれてありました。
実家で友達と遊んだ後、下宿に戻り食事を摂って、勉強したということのようです。

何てことのない平凡な1日が描かれていますが、そんな中でも時代の違いを見ることができます。

昔の生徒は早寝早起きだったことがわかります。
今、9時半に寝る高校生はほとんどいないと思います。

ところがこの生徒は他の日の日記を見ても、10時より遅くに寝たという記述は見られないばかりか、8時就寝す、というのがあったほどでした。

また、起床時刻も、この日の6時というのは遅い方で、5時というのが最も多かったと思います。

大正6年といえば西暦1917年ということですから、90年以上前になります。
当時はテレビもなければ、夜に開いているお店もありませんから、早く寝るのが一番良かったのだと思います。

しかし、こういう生活リズムは現代でも参考になるばかりか、むしろ積極的に推進すべきではないでしょうか。

現代はいろいろなものがあるせいで、あらゆることが複雑化し、疲れるばかりです。
シンプルで健康的な生活に憧れます。


↓応援のクリックお願いします。


30歳代ブログランキングへ

いつもありがとうございます
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
24 25 26
27 28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/16 榊原慎太郎]
[08/16 はじめ]
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ