あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 05   2017 / 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     07 >>
[760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [750
通勤途中の路上で、現金が落ちているのを発見しました。

平等院鳳凰堂が描かれている銅貨でした。

私は、その銅貨を拾い上げ、思案しました。

(さて、どうするか)

考えたのは以下の3つです。

①もらってしまう(ネコババ)

②交番へ届ける

③拾わなかったことにする(その場に戻す)


結論として、③はすぐに却下しました。

そうしますと残り2択となりますが、もし①を選んでいたら、そもそもインターネットに記事を公開したりしませんから、②というのが答えです。

10円を交番に持っていったらどうなるのか、というのを試してみたいと思ったからです。


交番に入り、銅貨を渡しますと、

「お時間ありますか!?」

と警察官に尋ねられました。

「ちょっとだけなら」
と私が答えますと、拾得物件に関する書類を記入することになりました。


私の住所や名前やらが書類に記入されるのですが、肝心なポイントとなるのは、その拾得物の扱いです。

どうやら、所有者が現れなかった場合、その銅貨に対する権利は拾った私に移るとのことなので、その権利を保持するか放棄するかが問われました。


私「放棄するとどうなるのですか!?」

と聞いてみますと、


警察官「都道府県又は国庫に納められることになります」


という回答でした。


私「じゃあ、そうしてください」

ということで、私は拾った銅貨に対する権利を放棄する決断を致しました。


もし、これがもう少し大きな金額だったら反対の答えになっていたかもしれませんが(笑)、こういうシステムになっているんだなということが学べて良い出来事となりました。

↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
26 27 28 29 30





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
[05/08 豊田]
[05/06 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ