あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 10   2017 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1155]  [1154
自動車の進化の歴史を振り返りますと、基本的に人間が楽になる方向に進んできたように思います。

第一に、

変速がマニュアル(MT)からオートマチック(AT)へと変わりました。

今や乗用車のほとんどがAT車ですし、トラックでも変速レバーはMT車と同じでありながらクラッチペダルのないセミATという仕様が登場しております。

運転免許もAT限定で取得する人が増えていると聞きます。


第二に、パワーウィンドウが搭載されました。

昔は、取っ手を回して手動で窓を開けなければなりませんでしたが、今やそんな車を見かけることはなくなりました。
軽トラック等の商用車にはまだ手動のタイプが残っているかもしれません。


第三に、パワーステアリング(パワステ)が搭載されました。

この変化はかなり重要だと思います。
パワステのおかげで、車体の大きな車でも小型車と変わらないハンドル操作が実現できているのですから。

力の弱い女性でも大きな車を運転することが可能になりました。


第四に、


カーナビが搭載され、ドライバーは地図を見て目的地を探すという必要性がなくなりました。


第五は、ETCの登場です。

それ以前は料金所前での渋滞が日常的だったものが、登場後はぐっと少なくなりました。


第六は、ハイブリッドを始めとした低燃費化です。

燃費性能が良くなるということは、それだけガソリンスタンドに行く回数が少なくなるということであり、肉体的にも金銭的にもドライバーの負担は軽くなりました。


そして最後に七番目として、本格的な自動運転の到来を挙げておきます。

障害物を検知して自動的にブレーキをかける、車庫入れを自動で行う等の機能が既に実用化されております。

例えばこれです。



大きいものだけでもこれだけの進化が1世紀と経たない間に起こっています。
驚きです。

一体自動車はどこまで進化するのでしょうか。

↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/16 榊原慎太郎]
[08/16 はじめ]
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ