あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 11   2019 / 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     01 >>
[1581]  [1580]  [1579]  [1578]  [1577]  [1576]  [1575]  [1574]  [1573]  [1572]  [1571
飲食店で、

もし、料理に髪の毛が入っていたら、

直ちに交換、

というのが通常のオペレーションかと思います。


店員の方は、

「申し訳ございません。すぐお取り替え致します」

という対応になるのは当然のことだとしても、


私がお客の立場だったとしたら、

「髪の毛が入っていたから取り替えてください」

とは言えません。


なぜなら、髪の毛を取り除きさえすれば、普通に食べることができるからです。

髪の毛が入っていたのなら、

(それを取ればいいじゃん!)

と思ってしまいます。


髪の毛が入っている旨を店員に告げれば、直ちに作り直してくれるだろうと思います。

そうしますと、髪の毛が入っていた方は廃棄されることになります。

取り除きさえすれば普通に食べられるのに、髪の毛が入っていたというただそれだけのことで廃棄されてしまうというのは貴重な食糧の取り扱いとしてはいかがなものかと思ってしまいます。


自分の家庭でも、髪の毛が入っていたら、その料理を食べずに捨ててしまうのでしょうか。


せっかく飲食店に足を運んで、中には何かの記念日で外食をするということもあるかもしれません。

そんなとき、料理に髪の毛が入っているというのは楽しいひとときを台無しにしてしまいます。

だからこそ、お店の側は細心の注意を払って料理を提供しなければなりませんが、それでも入ってしまうことは起こりえます。

もうそれは、運が悪かったと思うしかないと思います。

運が悪かったと思って、私は取り替えてくださいとは言いません。


「ちょっと安くして」

くらいは言うかもしれませんが、貴重な食糧を無駄にするようなことはできればしたくありません。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[10/16 はんこ安い はんこプレミアム]
[05/30 榊原慎太郎]
[05/29 とよた]
[01/15 スーパーコピーブランドバッグN級品]
[08/31 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ