あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 07   2018 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[2349]  [2348]  [2347]  [2346]  [2345]  [2344]  [2343]  [2342]  [2341]  [2340]  [2339
株式市場において、株価は上がったり下がったりします。

通常、株は買ったときより高く売れれば儲けることができます。

反対に、買ったときより安く売れば損することになります。

できれば、損はしたくないですよね。


では、損をするくらいならまた上がるまで待てばいいじゃないか、という意見もあるかと思います。

それはもっともな意見ですが、急に現金が必要になれば損得抜きにして売らなければならないでしょうし、あるいはもっと値下がりしそうだから、損をしてしまうけどもっと損するよりましだと考えることもあるわけです。

さらに、他に値上がりしそうな株があるから、この株は損になってしまっても、乗り換えれば逆に儲けが出るというシチュエーションもあり得ます。

この場合、売らない方が損ということにもなるかもしれません。

このような考えにより、損をしてでも売る人が一定数存在するため株価は下落することもあるのです。


また、株を持っている人は皆同じ値段で買っているわけではありません。

同じ銘柄でも1,000円で買った人もいれば2,000円で買った人もいます。

例えば、現在の株価が2,000円で、1,800円に下がったとします。

1,000円で買った人なら1,800円で売っても儲かります。

このように、株価が下がっても必ずしも全員が損をするわけではないので、どんどん売買が行われるのです。


なお、実際には株価が下がっても儲けることができます。

そのカラクリは次回お話したいと思います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

▪️関連記事
株価はどうやって決まるのか
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/08 修行僧]
[07/26 修行僧]
[02/22 修行僧]
[02/03 ロレックス偽物]
[11/27 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ