あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 07   2017 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365
こんなこと今まで考えたこともなかったのですが新聞を読んでいたらそんな記事に出くわしたのでそっくりそのままご紹介します。

下図のように円の外側に接する正方形を考えてみます。



このとき正方形の一辺の長さは円の直径と等しくなります。
円の円周の長さは直径×円周率(π)ですからπは4より小さいということが証明できる訳です。
(正方形の四辺の長さの和は直径×4と等しく、図から円周はそれより小さいとわかる)

■直径×4>直径×π

∴ π<4

円周率(π)は、3.14・・・と永遠に続く数字として習ったと思いますが、こうした数値を算出する前から少なくとも4より小さい数字であるということは予想がつけられたということがこれでわかります。

この問いのポイントは正方形を思いつくことができるかどうかですが、数学の証明問題では与えられた図形に対し、新たな図形や補助線を足して解へと導くというアプローチはよく見られます。

こうした問題解決のアプローチは日常生活でも役立つのではないでしょうか。
その現場にあるものだけで答えを考えるのではなく外部の領域からヒントを得るという柔軟な発想が問題の早期解決や新たなアイディアのひらめきを与えてくれるのではないでしょうか。


↓応援のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/16 榊原慎太郎]
[08/16 はじめ]
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ