あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 09   2018 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     11 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
超速マスター! 一般常識&時事問題
超速マスター! 一般常識&時事問題



私は今、一般常識を持っているのか、というのを確かめたいと思い、就職試験対策用の一般常識問題集を買ってみました。

私は会計事務所で働いていますが、お客様と話をする中で、専門的な知識よりもこういう一般的な知識の方が実は重要だったりします。

一般的な知識がなかったら、いくら専門知識があっても説得力がないからです。

実際に、お客様と会うとき、いきなり会計や税の話を始めることはありません。
世間話から入ります。

公認会計士や税理士という会計専門家は世間話もできなければいけないのです。

世間話をするために、このような一般常識の本で勉強することまでは必要ないかもしれませんが、私のことを先生と呼んでくださっているお客様の期待に応えるためにも、こういうところも勉強しておいた方がいいと考えています。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
いわゆる難関国家資格に合格するためには、生活のかなりの部分を勉強に充てることが必須です。

試験によって難易度は異なるものの、年間で1,000時間は勉強する必要があるだろうと思います。


年間1,000時間というと、1日あたりでは約2.7時間となります。

一見、それほど多くないようにも感じますが、1日でも休んだらそれを補うためにより多くの時間を取らなければなりません。

特に働きながらの場合、毎日コンスタントに勉強するのは無理な人が多いと思います。

仕事の日はせいぜい1日30分程度が限界ということもあるのではないでしょうか。


そうなりますと、休日に挽回することが絶対に必要となります。

仕事のある平日に1時間勉強できたとしたら、休日2日間で14時間勉強する必要があります。
(年間1,000時間達成には週間19時間必要)

1日あたり7時間です。

7時間というとほぼ丸一日勉強という感じになります。

遊びに行くヒマはありません。

働きながら資格試験に合格するというのはそれほど大変なことだと言えると思います。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
勉強と年収の間にはある程度相関関係があるように思います。

つまり、勉強している人ほど年収も多いということです。

それに当てはまらないケースもあるでしょうが、少なくとも会計事務所のような知識を売りにしている業界ではその傾向は強いと感じます。


特に、大人になってからどれだけ勉強するかが重要で、たとえ子供の頃そんなに勉強をしなくて成績があまり良くなかったとしても、大人になって挽回することは十分可能ですし、そうやって大人になっても努力を続けている人ほどより多くの収入を手に入れることができるのではと考えます。

私も勉強しよっと。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
今日は相続税に関するセミナーを行いました。


約1時間、話をしてきましたが、人前で話をするというのはなかなか大変です。

話をするためには、まずインプットが必要です。

インプットは本を読んだり、インターネット上の情報を仕入れるといった方法で行われますが、他人にその情報を話すとなると、間違った情報を伝えるのはまずい、ということになります。

間違った情報を伝えると恥ずかしいだけでなく、その情報を鵜呑みにした人に損害を与える恐れもあるからです。

そういうプレッシャーがあるため、インプットはより慎重かつ念入りになります。

それが勉強の効果を高めるのです。

人に教えることが最も学習効果が高いとされているのはそのためです。

そんなことを実際に自分がやってみて感じたのでした。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
私が勤める会計事務所では、先日全員参加の会議が行われました。

毎年1月に行われる恒例行事で、各自の目標発表も行われます。


発表の中で多かったのが、

「スキマ時間に勉強します」

というものでした。


具体的には、例えば昼休みの活用が考えられます。

私の職場では1時間の昼休みがあるのですが、そのうち15分程度を勉強時間として想定しているのだろうと推定されます。

このとおり勉強できれば、かなりの成果が期待できます。

しかし、実際には簡単なことではありません。


本来休むべき時間に勉強するというのは高いモチベーションが必要です。

思った以上に午前の業務量が多くて疲れてしまったり、あるいはついスマホをいじってしまったりといった勉強を妨げる要因もあります。

通勤時間でも同じことが言えます。

勉強を妨害する誘惑はどこにでもあり、誘惑に打ち勝つ精神力が必要です。

スキマ時間を活用するというのは一見合理的な考えではありますが、実際にやっていくのは大変なことです。

私も同僚のモチベーションが続くように応援したいと思います。

もちろん、私も勉強します。




↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
24 25 26 27
28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/31 榊原慎太郎]
[08/31 榊原慎太郎]
[08/30 たなかたなか]
[08/08 修行僧]
[07/26 修行僧]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ