あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 07   2017 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[1292]  [1291]  [1290]  [1289]  [1288]  [1287]  [1286]  [1285]  [1284]  [1283]  [1282
退院して1月半余りが過ぎたところですが、尿管ステントは留置されたままでありました。

今日、ようやくステントが取り除かれることになりました。


(尿管ステントについては、以下のサイトにわかりやすく書かれていますのでご参照頂ければと思います)

■株式会社メディコン「尿管ステントを留置される方へ」
http://www.medicon.co.jp/general/?m=STRyuchi&no=1


一応、手術ということになってはいますが、手術室で行うほどの大げさなものではなく、診察室の隣にある処置室で行われました。

前回ステントを入れたときにはレントゲン室で行ったのですが、それよりさらに簡素という印象です。

とは言っても、前回の痛みと恐怖は忘れられるはずもなく、嫌で仕方ありませんでした。


前回は尿道口から内視鏡を入れられて30分近くグイグイとやられ、痛さも泣きそうになるくらいのレベルでした。

終わった後も何日間か血尿に悩まされました。


今回は入れるときほど時間はかからないと思われますが、前回の印象が強く残っており大変な不安感に襲われました。


果たして、手術は行われました。

時間は5分程度でしょうか。

10分はかかっていないと思います。


意外にあっけなく終わって助かりましたが、管が尿道をスルスルスルっと抜けていく感覚は実に不快でした。


何はともあれ、ステントが抜かれましたので、この状態で尿がスムーズに流れさえすれば、私の病気は完治ということになるかと思います。


来月CTスキャンで画像を撮影し、経過を確かめることになります。


↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

■関連記事
榊原慎太郎尿管ステント挿入術を受ける①

榊原慎太郎尿管ステント挿入術を受ける②

榊原慎太郎尿管ステント挿入術を受ける③|術後の状態
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/16 榊原慎太郎]
[08/16 はじめ]
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ