あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 07   2017 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67
きりぎりすくん (ミセスこどもの本)
きりぎりすくん (ミセスこどもの本)


アーノルド・ローベルの作品でよく知られているのは国語の教科書でも採用されている「おてがみ」かと思います。

「おてがみ」はがまくんとかえるくんの友情を描いた作品であるのに対して、この「きりぎりすくん」は主人公のきりぎりすくんが旅に出て、その途中でいろいろな人(虫)と出会っていくというお話です。

まず、冒頭のきりぎりすくんが旅立つ際のセリフに、特に惹かれましたので引用させて頂きます。

『ぼく みちを みつけるんだ』

私は自分の道を見つけられたのか、思わず自問してしまいました。





また、きりぎりすくんは旅の途中、いろいろな人(虫)と出会う訳ですが、どうにもおかしな人ばかりです。

これは、世界には様々な価値観を持った人がいるということを教えてくれます。

このように絵本は示唆に富んだ内容が多く含まれています。

絵本は子供が読むものだという考えを持っている人は改めるべきだと思いますし、大人になって読むのをやめてしまうのはもったいないことだと思います。

ちなみに「おてがみ」は以下の本に収録されています。

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)
ふたりはともだち (ミセスこどもの本)



クリックお願いします

いつもありがとうございます

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/16 榊原慎太郎]
[08/16 はじめ]
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ