あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 07   2017 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[1179]  [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  [1173]  [1172]  [1171]  [1168]  [1167
注;食事中の人は見ない方がいいかもしれません。

(昨日の続き)

■3月16日(月)

PM0:30 手術開始

準備やら麻酔やらで実際の手術開始まで30分くらいは経過したのではないかと思います。

麻酔が効いて下半身が全く動かなくなった後、パンツを無造作に下ろされ、いつの間にか手術が始まっていました。


テレビドラマでよくある

「これより○○の○○術を行います」

みたいな一同が集まるシーンはありませんでした。


さて、ここで手術の内容を説明しておきましょう。

題名は上の図にあるとおりです。
(矢印は緑:腎臓、赤:尿管、黄:膀胱を示しています)


尿道から尿管鏡という内視鏡を入れまして、尿管の内部をモニターします。

私の尿管は正常より大分狭くなっていて、尿の流れが悪い状態でした。
結局レントゲン写真やCT画像では原因がよくわからなかったため、尿管鏡を用いて直接尿管を見ることによって原因を突き止めようということになったのでした。

それでは手術中の話に戻ることにしましょう。


局部麻酔で意識があったため、私もモニターを見ることができました。

自分の体内が映し出されるというのは妙な感覚です。

度々血圧計が作動して腕が圧迫されます。


しかし、段々余裕がなくなってきました。

麻酔が効いて痛みはないはずなのに、なぜか痛い。

(うぉーこれはヤバい)

かつてない激痛に身悶えし、汗が噴き出しました。


医師の先生から、「どこが痛いですか」

と聞かれたときも、

「左が・・・」

と答えるのが精一杯でした。


別の鎮痛剤を打たれて痛みは徐々に抑えられましたが、終わるまで完全には消えませんでした。

それからはすっかりうなだれた状態で手術を受けました。


最後に、図の右側にあるようにステントと呼ばれる管を留置して手術が終わりました。

また、少なくとも一晩はトイレに行くことができないので、尿道に管が通されオムツを履きました。

PM3:00 終了

手術時間は約2時間半でした。
あの痛みがなければまだ大丈夫だったと思いますが、ちょっとぐったりしてしまいました。

全身麻酔を選んでいればこんなことにはならなかったかもしれません。


(明日に続く)

↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

■関連記事
榊原慎太郎の入院生活①|緊張と不安

榊原慎太郎の入院生活②|手術編其の一【局所麻酔を選択】

榊原慎太郎の入院生活④|絶食で一夜を過ごす

榊原慎太郎の入院生活⑤|入院2日目

榊原慎太郎の入院生活⑥|退院

榊原慎太郎の入院生活⑦|男性看護師から看護を受ける

榊原慎太郎の入院生活⑧|入院中の食事
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
23 24 25 26
27 28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/16 榊原慎太郎]
[08/16 はじめ]
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ