あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 07   2017 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327
“さようなら”

という言葉は最も基本的な挨拶の一つとして教えられたと思いますが、その使用頻度は少ないと感じています。

「じゃあね」

とか、

「バイバイ」

とか、

親しい間柄ではこれらの言葉を使うことが多いですし、

大人同士の関係においては、

「お疲れ様でした」



「失礼します」

と言って別れることが多いのではないでしょうか。

下手したら1年間のうち「さようなら」という言葉は1度も使っていない、ということも有り得るのではないでしょうか。

別に「さようなら」を使わなくたって全然構わないのですが、どうしてなのかな、と不思議に思うわけです。

私が思うところでは、

“さようなら”

という言葉には、何か切なさというか、まるで今生の別れでもあるかのような重大な別れというニュアンスを感じさせます。

使用頻度が少ないだけに余計にそういう意識を持つのかもしれません。

しかし、小学校までは授業が終わって先生に「さようなら」と挨拶して下校していたように思います。
ですから、必ずしも非日常的な言葉とは言えないと思います。

日常的に使っていい言葉なのに何故か使われないこの言葉を私は積極的に使っていこうと決めました。

素敵な響きだと思うからです。



↓応援のクリックお願いします。


日記・雑談(30歳代) ブログランキングへ

いつもありがとうございます
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/16 榊原慎太郎]
[08/16 はじめ]
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ