あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 05   2018 / 06   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     07 >>
[999]  [998]  [997]  [996]  [995]  [994]  [993]  [992]  [991]  [990]  [989
マイホームを手に入れるために、ほとんどの人はローンを利用することになるでしょう。

毎月毎月せっせと返済していくことになります。

その点では、賃貸で毎月家賃を払うのと同じであり、それなら自分で所有する方がいい、と考える人もあることでしょう。


例えば、手取りの月収30万円の人がローンの返済で10万円を払えば、残り20万円が生活資金になります。

それに対して、手取り収入は同じ30万円ですが、マイホームはなく10万円の家賃で賃貸住宅に暮らしている人の場合,やはり20万円が生活資金となります。

両者は生活レベルが同じように見えます。

しかし、実際は違います。

前者、つまりローンでマイホームを購入した人は10年後も毎月10万円を支払わなければなりません。
義務があるのです。

他方、後者つまり賃貸の人は10年後に家賃を支払う義務は今の時点ではありません。


住宅ローンは将来を拘束してしまうのです。

もちろん、ローンを完済してしまえば家は自分のものとなりますし、賃貸では永遠に不可能なわけですから、リスクを取るだけの価値はあるという考え方もできます。

しかし、ローンには副作用もあります。


誰だって将来のことはわからないので、数10年と続く借金の返済に対しては不安になるでしょう。

その結果、どういう行動に出るのかというと、

保険です。


もしものときに備えようと保険に加入しておく、という行動が誘発されるのです。

おそらく、家持ちでローンを抱えている人の方が、賃貸の人より保険の契約額は高いと考えられます。

この仮説が正しいかどうかは是非検証してみたいところです。


さっきの例に戻ります。

この仮説が正しいとした場合,どちらも生活資金は20万円ですが、家を持っている人の方が保険料が多くかかっていることになります。

賃貸の人の方が自由に使えるお金が多いということになりますから、実はこの時点で生活レベルが違ってきてしまうことになります。


これが本当なら、それでもあなたは家を買うでしょうか。



↓応援のクリックまたはタップをお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
16
17 23
24 25 26 27 28 29 30





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[02/22 修行僧]
[02/03 ロレックス偽物]
[11/27 榊原慎太郎]
[11/27 修行僧]
[08/16 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ