あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 07   2018 / 08   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     09 >>
[1]  [2]  [3
軽自動車の良いところと言えば、

“安い”

という点が第一になってくるでしょう。

車両価格は必ずしも安いとは言えなくなってきましたが、

■税金が安い

■高速道路料金が安い

という点は相変わらず魅力があります。

また、燃費もいいことからガソリン代も安く済みます。

あと、軽自動車のいい点をあげるとすれば、その小ささです。
小さいが故に狭い道でも走れますし、車庫入れも簡単です。

また、パワーステアリングのなかった時代は運転するのにも結構力が必要でしたから、女性が運転するのに軽四は手頃だったと考えられます。

しかし、その小ささはデメリットでもありました。
電気自動車はCO2を排出しない次世代の車と言われています。

といってもその研究は古くから行われており、19世紀には既に何台か作られていました。
歴史的にはガソリン車よりも古いと言ってもいいかもしれません。

私は子供の頃、ミニ四駆というオモチャで遊んでいました。
あれもある意味では電気自動車だと思います。

ですから原理はとっくに確立されていたと言えます。
実際の自動車のスケールにすると、コストがかかり過ぎて、かつ、走行性能もガソリン車に比べひどく劣っていたというのが問題でした。

そのため、現在に至ってもなおガソリン車が主流を占めているという訳であります。

そんな中、技術の向上と環境に対する意識の変化によって、電気自動車普及の機運が高まります。
まず、登場したのがガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドカーです。

(ここでは大衆向けという視点で論じています。業者向けに納入された車種は無視しています)
私が子供の頃、自動車の排気ガスには気分を悪くしたものです。

あれから技術開発が進み、現在の排気ガスはずっとクリーンになったように感じます。
最初は人体への影響から問題視された排気ガスも、枠を広げて地球環境という観点から論ぜられるようになりました。

それは温暖化対策へとつながっていきます。
温暖化の原因となるCO2は、石油等の化石燃料を使う限り必ず発生します。

そこで、燃料の使用量を少なくする、すなわち低燃費化の方向へ進むこととなりました。
バブル崩壊からの不況の影響で、大衆が燃費を意識するようになったことも影響したと思います。
21世紀になって自動車はどう変わったのでしょうか。

私の知るところを挙げてみます。

■280ps自主規制の撤廃

■環境性能の向上(低燃費化)

■軽自動車の高性能化

■カラーリングの多様化

■ETC

■カーナビの進化

■ホイールの大径化

■居住空間の向上

■ランニングコストの上昇

■自動運転

今日は、280ps自主規制の撤廃についてお話します。


時代の変化を感じます。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/08 修行僧]
[07/26 修行僧]
[02/22 修行僧]
[02/03 ロレックス偽物]
[11/27 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ