あなたの人生を応援します。そんなメッセージを伝えるために、公認会計士であり、ライフスタイルサポーターを自称する筆者が日々の生活で感じたことや、お役に立ちそうな情報をお話しています。
〓 Admin 〓
<< 10   2017 / 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     12 >>
[309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299
覇権国家という言葉の定義は単一ではないと思いますが、経済規模が最大のファクターと言ってよいのではないでしょうか。
軍事力も確固たる経済基盤があってこそ増強できるものだからです。

ここで、中世以降の覇権国家の移り変わりについて見ていきますと、以下のように考えることができると思います。

15世紀|ポルトガル

16世紀|スペイン

17世紀|オランダ

18,19世紀|イギリス

20世紀|アメリカ

15世紀、ヨーロッパで最も早く絶対主義を確立したポルトガルが、大航海時代の先駆けとなって海上交易で主導権を握り、ブラジルを始め植民地支配を進めました。

種子島に鉄砲を伝来したのもポルトガルであり、アジア各地にも進出しました。
しかし、この後に続いたスペインに取って代わられ、本国も併合されてしまいます。

スペインの海外進出はポルトガルにやや遅れたものの、インカ、アステカの両帝国を滅ぼし、広大な植民地を手に入れると共に、やがてポルトガルを凌駕するようになりました。

しかし、1588年に当時無敵艦隊と称されていたスペイン海軍がイギリスに敗れると隆盛に翳りが見え始めます。

明日は17世紀以降について見ていきます。



↓応援のクリックお願いします。


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30





フリーエリア
各バナーをクリックして頂きますと、ランキングが上がります。
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram


人気ブログランキング
プロフィール
HN:
榊原慎太郎
自己紹介:
1980年生まれ
神奈川県横須賀市出身
好きな料理は鯖の味噌煮
好きな果物はバナナ
営業職のサラリーマンを経て、
公認会計士試験に合格後、会計事務所に勤務しております。

2017年よりふんどしを愛用

メッセージは以下のフォームよりお気軽にお送りください。






最新コメント
[08/16 榊原慎太郎]
[08/16 はじめ]
[06/23 榊原慎太郎]
[06/22 修行僧]
[05/08 榊原慎太郎]
最新トラックバック
ブログ内検索

カウンター
P R
バーコード
アクセス解析
Copyright(c) 榊原慎太郎一人はみんなのために All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
ブログパーツ